スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

前から考えていたこと②

考え事
皆様、こんばんは( ^o^)ノ

本日も、昨日の続きを綴って行きたいと思います。

CIMG2988.jpg
                   るな 小さい頃

るなは奥様の一目惚れで迎えた子でしたが、自分的にはみるくのお嫁さん候補にもなればと少々思っていましたが、やはりデカポメであるみるくと、るなではかなりの体格差があり、みるくに対する態度もみるくがるなのおしりのにおいを嗅ごうとするとるなはすぐにお座りの体制になり拒否している態度で、みるくのお嫁さんには無理かな?とすぐに悟りました。

女の子を二人迎えて思ったのが、みるくと相性の良い女の子を見つけるよりここから男の子を迎えれば、まろんか、るなのどちらかと相性の良い子が見つかりやすいかも?と思い男の子を探し始めました。
そして、見つけたのがぴのでした。

ぴの
                  ぴの 享年4年2ヶ月

ぴのは、某ブリーダー様から里親募集を見て迎えた子でした。
この子は享年4年2ヶ月と書いた通り、すでにこの世にはいません。
本当に、本当に悔しい思いをした事故で亡くなった子でした。
ぴののことは、未だにくやしい思いを引きずっています。
どうして何だろう?なぜ、助けられなかったのか?未だにぴののことを考えると考えこんでしまいます。

さて、ぴのが亡くなったことを綴り始めてしまいますと話が脱線してしまうので話を戻します。

ぴのを家に迎えた時には、すでに3才を過ぎた頃にでした。
ブラックの子で、かわいいと思って家に迎えたいと始めて思った子で、この子であればまろん又はるなのお婿さんになれば良いな!と思って迎えた子でした。

とても、とても良い子で、まろんもるなもヒートの時には受け入れる様子が見られ、もしかしたら子供を作ることができるかな?と感じる男の子でした。
ブラックカラーで遺伝的にも問題はなく、後は時期と金銭的なところの様子を伺って子供を作りたいと思っていました。しかし、そう思い始めた矢先に事故が起きました。

このことが在って、さらに子供を作りたいと思ったんだと思います。


さらに明日へ続く。

 更新の励みになります。
↓ぽちっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  •   25, 2012 23:07
  •  0
  •  0

Comment - 0

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。